産後の腰痛(仙腸関節痛、反り腰の腰痛)。ANさん30代|廿日市市で整体をお探しの方は、更年期障害、生理痛、冷え性、腰痛、肩こり、頭痛などのお悩みをサポートする『ゆるみ整体院』

診療時間

※日曜日は定休日となります
※△および夜間19:30~21:00診療は応相談
(交通事故・労災治療優先)
※土曜日▲9:00~15:00

0829307790

〒738-0054 広島県廿日市市阿品4丁目1番23号 P6台

完全予約制

アクセス

喜びのお声

産後の腰痛(仙腸関節痛、反り腰の腰痛)。ANさん30代

産後に娘を抱き過ぎて、腰の痛みが取れなくなりましたが、矯正を繰り返していくうちに痛みが取れて、良かったです。

産後の腰痛の原因

産後の腰痛の原因には、大きく2つあります。


①仙腸関節の亜脱臼が原因


骨盤を構成する、腸骨と仙骨(下図)で関節を作っている部分を仙腸関節といいます。

仙腸関節は、子供が産道を抜ける時に、亜脱臼をします、そして産後無理をしていなかったら自然に元の状態に戻るようです。


仙腸関節の亜脱臼状態とは、仙腸関節がゆるんでいる状態です。

産後の仙腸関節の亜脱臼は大体、左側の亜脱臼が多いように思われます。

なんか左の腰からお尻辺りが痛いんだけどな・・・と思われている人は産中の亜脱臼が原因かもしれません。

一方、子供を産んだことのある女性は、左の仙腸関節部の痛みが残存している可能性が多いです。

その亜脱臼が残存している場合、上半身と抱いている子供の重さを、仙腸関節を介して下半身へ負担させられなく、その仙腸関節部に負担してしまうので、そこが痛くなるということです。


操法は、

仙腸関節を締めるだけです。左側は後方回転へ矯正する場合が多いです。


②反り腰での腰痛が原因


子供を抱く時の姿勢は、抱っこ より 負んぶを推奨します。

負んぶもしっかり、身体、特に背中ににくっつけることが重要です。

抱っこをする時の姿勢は、たいてい反り腰になるから、下部腰椎の隙間が狭くなり、腰の骨に体重が載せられなくなるので、周りの筋肉に負担が来るからです。


操法は、

立ち方修正指導。

骨盤を立たせて、腰部の反りを軽減し、腰椎の隙間を空けます。


まとめ

原因の1つ、仙腸関節部のゆるみ(亜脱臼、慢性捻挫)

産後の腰痛の原因の2つめ


・子供が産道から出る体勢のまま、つまり反り腰のまま、子供を抱くから。



電話・メールでのご予約はこちら

お問い合わせ

アクセス

pagetop