レントゲンの真実!?|廿日市市で整体をお探しの方は、更年期障害、生理痛、冷え性、腰痛、肩こり、頭痛などのお悩みをサポートする『ゆるみ整体院』

診療時間

※日曜日は定休日となります
※△および夜間19:30~21:00診療は応相談
(交通事故・労災治療優先)
※土曜日▲9:00~15:00

0829307790

〒738-0054 広島県廿日市市阿品4丁目1番23号 P6台

完全予約制

アクセス

ゆるみブログ

レントゲンの真実!?

スタッフブログ

1911年X線が開発された頃の医学論文です。

腰痛患者をX線(レントゲン)撮影したら、その7割に腰椎の変形や変性、そして椎間板のヘルニアがあった。

これを機に、整形外科や外科医師たちはとりあえず、レントゲン撮影をして、変形しているから腰痛があると、履き違えています。

 

最近の学会論文では、

健常な人の約7割の、レントゲン撮影結果では、腰椎の変形や変性や椎間板ヘルニアがみられる。とあります。

年齢とともに、人間は重力に勝てませんから、なにかしら画像上は問題が起こっているということです。

変形製関節症と言われるのものも、実は関節軟骨には、神経終末が無いので痛みは出ていません。

周りの筋肉が縮まって痛みを出し、関節を狭くしているだけでした。

縮まった筋肉を回復させたら、また関節が開いていました。痛みも取れていました。ということです。

近日中に、レントゲンの真偽が問われることになるでしょう。

痛みを出しているのは、怪我の場合を除き、筋肉の短縮、硬結です。変形ではありませんから、

怪我以外の手術ってどうなんでしょうか?

考え方も近く変わると思います。医療に革命を!より、患者さんのための医療を希望します!

 

電話・メールでのご予約はこちら

お問い合わせ

アクセス

pagetop